私が建てようと思っている注文住宅(随時更新)

私が建てようと思っている注文住宅(随時更新)

私の頭の中で思い描いている
夢の注文住宅について
随時、更新しながら公開していこうと思います。

―――――――――――

まず、今のところやはり…

■注文住宅!

本当に自分に合った土地が
何かわかる?見つかる?まで
建てるのはやめようかとも思っていたのですが

それでは話が前に進まないので
『4年後』という区切りをつけました。

そのため、賃貸という案は今のところありません。

さらに、建売・中古には不安を感じ
あまり魅力を感じないため新築。

新築なら、注文住宅!という状況です。

しかし、まだ決定ではありません。

もしかした素晴らしい中古住宅が
出てくるかもしれませんし
先のことを決め付けることだけは止めようと思っています。

その時その瞬間に、正しい判断が出来なくなりそうだからですね。

そして注文住宅なら…

■建築家!

これも決定ではありませんが
今のところ、ハウスメーカーの住宅で
心惹かれるものに出会っていません。

ハウスメーカーもまだ可能性は十分あります。
これから、実際に打ち合わせをしたり
プラン、空間などの提案を受けてみないとわかりません。

私は一応、住宅業界にいましたので
提案を受けると、力があるかないかはすぐにわかります。

ですので、提案力がなかった場合は
設計担当者を変えてもらうように言ってみるつもりです。

『実力がある人に変えてください』

と。
嫌味な感じでは言いませんよ(笑)

ただ、私が求めているものが達成できていないので
違う方に変えてくれませんか?という感じに。

もしかしたら、設計経験が少ない人に
偶然当たったのかもしれませんし。

色んな可能性を確かめていこうと思っています。

しかし、最近ちょっと後味が悪い情報を見つけました。
それは
「各ハウスメーカーの社長の自宅は、自身の会社で建てていない」
というものです。

ただし、現在の話ではないようです。
10年位前だそうですが、10年経っても変わっているとは思えませんが。

本当に良いと思っているなら、自社で建てますよね…

ちなみに私の協力者である、元ハウスメーカー支店長の方は

『建築デザイナーに頼むつもりです!』と言っていました。

彼はとてもおもしろくて、以前に本気で建てようとしたことがあり、その時に各ライバル会社に偵察の意味も込めて、見積もりと設計図を書いてもらったそうです(笑)
そのときは結局建てるのを辞めたそうですが、詳しくはまた別の機会に話しますね。

今はそんな状況から、建築家にお願いするつもりです。
何度も言いますが、まだ決めてはいません。

これから自分自身を見つめ直して

【私にとって本当に良い注文住宅とは?】

これを見つけて行きたいと思っています。

そのとき次第ですね。

―――――――――――
2006.5.12 更新

■100年建っても大丈夫な注文住宅!

私は今のところ
細かい間取りはあまり気にしていません。

それよりも、100年もつような丈夫な家!

きっと100年後には
私はこの世にいないでしょう。

でも、年を重ねるごとに
どんどん良くなっていく
『私の家』

そして、次に誰が私の家に住むかで
ちょっと取り合いになる(笑)
そんな家ってよくないですか?

決してきれいで新しくはないけど
月日が経っても住む人に愛される家。

自分の子供や孫が喜んで住んでくれるような
そんな家であり続けてくれたら最高です。

私がいなくなっても

「この家に来たらおじいちゃんのこと思い出すよね」

「この素敵な家はお前の曾おじいちゃんが建てた家なんだよ」

こんなことを私の家族たちが言ってくれたら最高です。

そう思いませんか?

―――――――――――
2006.6.10 更新

■室内空間について

室内空間については色々と考えています。

私の思い描く空間を
これを見ているあなたに伝える表現力が
私にあるかはわかりませんが…
書いてみます。
想像してみてください。

高さは低めの建物に周囲からは見えない
大きな中庭をつくります。

中庭の半分は水面になるように
黒い玉石を敷いて水を張ります。
室内の床と同じ高さに水面がくるように。

室内の壁は白。
床は大理石(意外と安いのを一般の人は知らない)

リビングはダイニングとキッチンも一体にして
とても広い空間。

リビングには一面ガラスが中庭に面して
中庭へと空間が広がります。

中庭の向こう側にはベットルーム。
ベットの上部だけは吹き抜け。
床から吹き抜けまで、スリットの窓。
時間とともにそこから光が差し
朝は揺れるカーテンと光る水面を見ながら目を覚まします。

ベットルームの床は黒系に塗装したフローリングと間接照明でしっとりとした空間にします。

子供部屋は一人ずつあるけど
個人の使い勝手がいい広い収納があるだけで
あとはベットと机が入るくらいの広くはないスペース。
最低限のプライバシーは確保して
基本的には家族が集まるのはリビング。


思ったことをバーっと書いたので
あまりまとまりがありませんね(笑
また今度詳しく書きたいと思います♪

近々また更新しますね♪

■まとめ■

●やっぱり注文住宅!

●100年もつような家。

コメントを残す

*