ハウスメーカーの長所と短所一覧

ハウスメーカーの長所と短所一覧

一般的に思われているハウスメーカーの長所を挙げてみます。

●大手の安心感(会社の規模が大きいため)

●ブランド力、ステータス(多くの人に知られているため)

●住宅展示場がエリアごとにあり、訪れやすい

●「お客様」として接してくれる

●カタログや住宅展示場があり、イメージがつかみやすい

●地域の工務店に比べるとデザイン力がある

●アフターメンテナンス等サービス面が充実している

●規格化されているため品質が安定している

などですが、どうでしょうか?
納得いった人はいますか?
これらは一般に思われていることです。

これらは一般的には長所として捉えられていますが
ここから私の意見をきびしめに書きます。

あくまで私の個人的な意見です。

●大手の安心感(会社の規模が大きいため)

∟それは、漠然とした安心ではありませんか?
 規模だけで判断できますか?

●ブランド力、ステータス(多くの人に知られているため)

∟「一生住んでいく空間」をブランドで決めていいですか?
 ブランドも10年後には時代遅れになりませんか?

●住宅展示場がエリアごとにあり、訪れやすい

∟訪れやすいからといってそこだけで決めて良いですか?
 そこがあなたにとってベストだと自信をもって言えますか?

●「お客様」として接してくれる

∟「お客様」として接してくれることが目的ですか?
 「安心・満足できる家」を建てることが目的ではないですか?

●カタログや住宅展示場があり、イメージがつかみやすい

∟カタログや展示場には良いことしか書いてありません。
 完成したらイメージと違うことはよくあることは知っていますか?

●地域の工務店に比べるとデザイン力がある

∟比べるのは工務店とだけでいいですか?
 デザイン力は建築家のほうが間違いなくあります。

●アフターメンテナンス等サービス面が充実している

∟アフターメンテナンスを実際に受けた人の話を聞いたことはありますか?
 どのメーカーもアフターがしっかりしていると思ったら大間違いです。

●規格化されているため品質が安定している

∟規格化されて安定するということは、規格に入らないといけないことは知っていますか?
 自由設計・注文住宅と規格化は反対の意味ではないですか?

はっきりきつめに書きましたが
考え方によってはこのように思いませんか?

一般の人はハウスメーカーの長所を
そのまま『長所』として受け止めがちですが
住宅業界の人はそのまま受け止めません。

真実を知っているからです。

【坪単価●●万円】と書かれていても
実際にその金額で建ったことを聞いたことがありますか?

それと同じです。
長所が必ず「良いところ」とは限らないのです。

私は【長所であり短所】のようなことはよくある気がします。
これは建築家にも地域の工務店にも言えます。

しかし、ハウスメーカーは
自身でたくさん広告・CMしているのだから
この長所をもっとしっかり「良いところ」
として守ってほしいと私は思っています。


長所を否定しているわけではありません。
長所であることは間違いありません。

でも、長所がいつも良い結果をもたらすというと
それは違うと私は思います。

そして、一般的な長所ばかり気にしていると
あなたの家づくりで本当に大切なものを見失うこともあります。
あなたにはあなたの家だけの大切なポイントがあるはずです。
忘れないでください。

このような考え方もあるということを知ってください。

■まとめ■

●長所が必ず「良いところ」とは限らない

●【長所であり短所】のようなことはよくある

コメントを残す

*