ハウスメーカーの短所と長所一覧

ハウスメーカーの短所と長所一覧

●自社の商品しか売ることができない。

●プラン、仕様等が思ったほど自由ではない。

●広告宣伝費用、人件費にかかるため、一般的に価格が高い。

●見積書に一式という内容が多く、詳細が不明瞭である。

●契約までは標準仕様で、契約してからはオプション要素が多く、追加の金
額がでやすく、また高い。

●会社は利益第一、営業マンは歩合制、つまり営業が強引になる。

●担当(営業、設計、建設)がそれぞれ分担制で、コミュニケーションがと
りづらい。

●実際に建てるのは、工務店であり、その下請けの工務店に技術の差がある。

●完成後のメンテナンスは、事務的な管理になり付き合いが薄くなる。

ハウスメーカーの短所を箇条書きしました。
でもこれだけでは終わりません。
一般的に短所だと思われがちなことも
ここから私なりに対応策を書いていきます。

あくまで私の個人的な意見です。

●自社の商品しか売ることができない。
∟そんなことはありません。他社製品を紹介はしてくれませんが、あなたの行動力があれば自分で見つけてきた設備を使うことも十分可能です。

●プラン、仕様等が思ったほど自由ではない。
∟プラン(間取り)は実際に長く住むのを考えると、シンプルな方がいい場合が多いです。大切なのは、細かい部分です。自由よりも細かいことまで計画したプランであるかが大事です。
仕様は上の項目と同じで、あなたの行動力次第でなんとかなります。

●広告宣伝費用、人件費にかかるため、一般的に価格が高い。
∟これは「ハウスメーカーの仕組み」なのでどうしようもありません。ただ、値引きをしやすくする方法などはあります。

●見積書に一式という内容が多く、詳細が不明瞭である。
∟担当者とよくよく話し合うことで、より具体的な見積もりが出来上がります。ここでは詳細を知ることが大切なのではありません。むしろ、簡単な打ち合わせしかしていないのに、詳しい見積書ができるはずがないのです。
【予算内にあなたの希望の家が建つのか】
これが本当の目的です。
そのためにはたくさんの見積もりとにらめっこをするのではなく、よくよく話し合うことです。そうすると見積もりはしっかりとしたものになり、予算内に収まるかわかってくるでしょう。
契約前までに時間をかけ、じっくりよく打ち合わせを行ってください。

●契約までは標準仕様で、契約してからはオプション要素が多く、追加の金
額がでやすく、また高い。
∟契約までにオプションと標準仕様をはっきりすることです。
まず、どの部分がオプションになる可能性があるのかはっきりするべきです。そして、オプションでどれだけあがるのか、自分たちが譲れない部分はどこなのか、これらをはっきりすることです。
何より大切なのは【契約前までに】ということです。

●会社は利益第一、営業マンは歩合制、つまり営業が強引になる。
∟これは事実です。でも、強引と親切は紙一重です。あなたが強引と感じても他のお客さんにとっては親切になることもあるのです。
ただ言えることは、強引に感じたり信頼ができないと感じたら、その人とは一緒に家づくりをしないことです。
信頼でき、どれだけあなたの家づくりに本気になってくれるかが大切です。

●担当(営業、設計、建設)がそれぞれ分担制で、コミュニケーションがと
りづらい。
∟これが意外と知られていない、一番の落とし穴かもしれません。見えない部分の営業担当者の実力です。経験が浅かったり実力がないと、この連携の部分で大きなミスが起こることもあります。
経験があり、売り上げの良い営業担当者を選ぶことが大切です。

●実際に建てるのは、工務店であり、その下請けの工務店に技術の差がある。
∟これも、経験があり、売り上げの良い営業担当者を選ぶことが大切です。詳しくは別で書きます。

●完成後のメンテナンスは、事務的な管理になり付き合いが薄くなる。
∟薄くなるのは事実です。これも良い営業担当者を選べば大丈夫です。

このように短所もあなたの行動力次第でなんとかなることが多いです。
しかし、どうしようもないことも中にはあります。そういった時、一番のポイントになるのは【営業担当者】です。これは間違いありません。

この実力も経験もある営業担当者と出会う方法が実はあります。意外な方法ですが、今無料レポートを執筆中ですので、楽しみにお待ちください。

■まとめ■

●短所でもどうしようもできないことはほとんどない。あなたの行動力でなんとかなることも多い。

●今のようにインターネットで情報を集めることも行動力です。

●もっともっと行動力を。

コメントを残す

*