ミニハウス プレハブや中古ミニハウスの販売サイトを紹介

ミニハウス プレハブや中古ミニハウスの販売サイトを紹介 DIY オークションで買う注意点

リフォーム 増築 改築などをする人は
現在の状況に色んな意味で満足できていないのですが
増築での「狭さ」や部屋1つ分などの「狭い範囲」のリフォームをするよりは

【ミニハウス】や【ミニログハウス】

という新しい離れの部屋をつくるほうが安くなるのは知っていますか?



ちなみに、リフォームの現状は‥‥

「少しの範囲のリフォーム」
と思っていたのに、いざリフォームになると
       ↓
「どうせだから全部リフォームしようか!」

となる場合が多いようです。

その家の構造や状況にもよりますが、増築改築はとても大変です。
構造などがわかる図面がないと、さらに大変です。
大変というのは、お金も時間もたっぷりとかかるのです。

リフォームは基本的にお金はかなりかかります。
しかも「範囲が狭いと割高になるから」
と言って最初の予定とは違って大規模なリフォームになる方がけっこう多いです。
金額が当初の予想より、高くなるのは確実ですね。

そう考えると、「最初に費用がわかる」というのが
ミニハウスの大きな長所になりますね。

ミニハウスやミニログハウスを書斎やマイルーム、子供部屋、離れ、物置、休憩所として買うのもいいですし。
DIY派の人は、自分で作るミニハウスというのもあります。

ミニハウスを建てる?場所が必要ですが、意外と場所はとらないようです。
最も狭いものでは建物が2m×2m強(室内2畳)というものがあります。2畳から6畳というのが一般的で、大きいものもつくれるようです。

新築の人も、いつかリフォームを考える日が来ます。
そんな時に、多くの選択肢を持っていてくださいね。

※ちなみに・・・
ミニハウスをオークションで探している人もいるようです。

あくまで、私の意見ですが、、
ミニハウスをオークションで買うのはやめたほうがいいかもしれません。

オークションが悪いわけではありませんが、上記のような信用のある会社から買うほうがいいと思います。
理由は、家作りと同じですね。

「住まいは命に関わります」

長く使い続ける住まいに、ただ安さを求めるのは、心配が増えるばかりですよ?

コメントを残す

*