住宅ローン金利について(※●要注目 気にしてない人は注意※ ) 住宅ローン金利対策 住宅ローン借り換え 住宅ローンシュミレーション比較

住宅ローン金利について(※新改 気にしてない人は注意※ ) 住宅ローン金利対策 住宅ローン借り換え 住宅ローンシュミレーション比較

住宅ローン金利について、
今、とても心配している人が多いと思います。

私は、ちょっとした住宅関連のニュースではこのサイトで記事にしませんが、
今回だけは放っておけない内容ですので、僅かながらアドバイスさせて頂こうと思います。

住宅ローンの借り換えや金利対策について、心配している人がほとんどだと思いますが、中には心配していない人もいるかと思います。

まず、断言します。

そういった
【あまり気にしていない人、心配していない人】
が最も危険です。

現在の状況としては
これから確実に金利は上がっていきます。
今までが一番安い時期だったのです。

ただ、どれだけ上がるか。
それははっきり言ってわかりません。
テレビのニュースで「●●年以上の年数で、●●万円以上の人は変えるべき」などと断言していましたが、これは断言できるような簡単な話ではありあません。

身近な話では、自民総裁選や北朝鮮問題など、経済に関するあらゆる状況によってが変わってくる話なのです。

ただ1つ言えることは、
【今より高くなることは確実】ということ。

これから必ず状況は変わってきます。
だから、何かしら行動してみてください!

私の意見としては、今の住宅ローンを組んでいる銀行ではなく
それ以外のところに相談してみることです!

こんな状況になっている今、各銀行はお客さんを放さないように必死なはずです。
きっと、納得させる理由を対応方法などのマニュアルがある程ではないでしょうか?
(個人的な推測です)

ですから、
【自分が利用している以外の住宅ローン】に相談してみることです。

まずはこちらに相談してみるのはどうでしょうか?
住宅金融公庫をご存知ですか?
フラット35などの長期固定型住宅ローンでは金利急上昇の可能性は低いといわれています。

行動しないと、数百万円の損をする可能性が大いにあります。

気にしていても、
「結局よくわからないから…」という理由で行動できていない人、
あなたも数百万円を損するかもしれません!

あの時すればよかった…。。
と思わないで済むように、とりあえず行動してみてください!

『お借り入れのご相談』

というボタンがあると思いますので相談してみてください。
資金計画などを書くと簡単審査ができます。

借り換えの人は、右上に『お借り換え』ボタンを押すと借り入れのページに変わります。すると
『お借り換えのご相談』

というボタンがあると思います。
借り換えですので、年収や職業などを書かないといけません。

めんどくさいかもしれませんが、数百万円が浮くかもしれない!と考えてみてください。
あなたに合った住宅ローンがわかると思います。

これからお金のことが心配な家族も多いでしょう。
少しの行動で、無駄な出費を減らしましょう。

■まとめ■

●これからの住宅ローンは、かなり状況が変わってくる。

●金利が上がることは確実。

●今の住宅ローン以外のところに相談してみよう!

●「少し」の行動で無駄な出費が『大きく』減らせる。

●まずはあなたの状況に合わせて、今後、金利上昇が低いといわれているフラット35専門のプロに相談してみよう。

コメントを残す

*