建築家紹介―難波和彦【なんばかずひこ】

建築家紹介―難波和彦【なんばかずひこ】

●人物

プロフィール(難波和彦+界工作舎 公式サイト内)

略歴と顔写真

●作品紹介

公共の建物から個人住宅まで幅広く活躍されています。
多くの作品がありますが、特にサイトを見ている人には
【箱の家シリーズ】というのを見て欲しいと思います。

難波和彦さんの箱の家について書かれた本を読んだことがありますが、シンプルですがとても奥が深く、素晴らしいものでした。

箱の家の大きな特徴は

●プライバシーを保ちながら、人の気配が感じられる一室空間であること

●シンプルな箱型のローコスト高性能住宅であること

●近年では、外断熱や自然エネルギーを利用するなど進化し続けていること

箱の家一覧(公式サイト内箱の家―箱の家一覧)

現在100を超える箱の家が掲載されています。
箱の家というのはシンプルですがとても奥の深いものです。
箱の家について私が語って、間違った認識をして欲しくないので、まずは見てみてください。

●延べ床面積
●総工費
●工法
での検索も可能です。
具体的な金額、工法、延べ面積がわかるのでとても参考になるのではないでしょうか?

箱の家検索(公式サイト内箱の家―箱の家検索)

※仲には1500万円台の家もあります。ですが家づくりは様々です。
2000万円以内で必ずこんな家が建てられる!というわけではありません。
勘違いはしないで下さいね。
ローコストと一言で言うのは簡単ですが、コストを抑えるのはとても大変です。

●その他

難波和彦+界工作舎(公式サイトトップ)

難波和彦さんに聞く「建築家としてのスタイル」

無印良品の家は、箱の家を元につくられています

コメントを残す

*