不動産に掘り出し物はない 不動産情報 土地 不動産

不動産に掘り出し物はない 不動産情報 土地 不動産

『不動産に掘り出し物はない』

これは不動産業界では常識です。
ですが、お客さんは安い物件を見つけると、このことを忘れてしまいます。

そして
『こんな価格でこれだけの物件はなかなかありません!早い者勝ちです』
という業者のうまい言葉に乗せられて、
買ったけどそこは・・・

よくある話です。

そういう土地でよくあるのは

●たんぼを埋めたばかりの土地だった

●元は沼地だった

●斜面を削って造成した土地だった

ようは、いわくつきの土地だったわけです。

多くの人は勘違いしていますが、

『業者はすべてを教えてくれるわけではありません!』

すべてを教えると、売れない土地がでてくるからです。
だから不動産業者の言っていることだけを受け止めても、それがすべてではないのです。

お客さんにとって大切なことを言わなくても、契約書にサインさせれば、業者の勝ちなのです。
悲しいもので、そんな業者に限って、後で問題が起こっても業者にとって大丈夫な契約書になっているものです。

(良い不動産業者も勿論いますが、こんな悪い不動産業者もいることは事実です)

だから、何か気になることがあったら、どんどん聞いてみるものです。
業者もウソはつけませんから。

また、何千万単位のお金が動く不動産、土地の購入では
優良な情報を知ると知らないとでは、何百万円という支払いの差が生まれます。

そこで、参考になる有料情報を紹介します。

これから土地を買われる方は一度見てみてください。
元がとれる内容です↓

賢い人だけ得をする 1000万円得する交渉術Ver4.00

コメントを残す

*