■建てる側からみた「家」―2

■建てる側からみた「家」―1 で紹介したこの文↓

■     大工さんはそれを「家」といい         
■                            
■                            
■     ハウスメーカーはそれを「商品」という     
■                            
■                            
■     建築家はそれを「作品」と呼ぶが        
■                            
■                            
■     不動産屋の店頭では「物件」へとなりはてる   

注文住宅をつくる前に読むのには
とても良い表現だと、私は思っています。

でも注意してほしいのは、上の文はいつもそうだとは限らないのです。

■大工さんでも、担当する人が違えば、できる家は変わってきます。

■ハウスメーカーも会社、担当者によって変わってきます。

■建築家が建てる家になると、1つ1つが180°違った家になるでしょう。

「そんなの当たり前だ!」
と思う方はいいのですが

「家」という買い物(良い表現ではありません)をする時
人は冷静さを失うことがあります。

それは、たくさんの誘惑があるからです。
(誘惑については、他のページで詳しく書いてあります)

なので、上の文はおおまかな参考にしてください。

本気でお客さんのことを考え
良い家づくりをしている大工さんや工務店
メーカー、建築家はたくさんいます。

「●●は○○だから私には…」

そんなこと、一概には絶対に言えません!

大工さん    → 怖そう
ハウスメーカー → 騙されそう
建築家     → 敷居が高そう

勝手なイメージで選択肢を狭めるのは勿体無いですよ?

■まとめ■

●お客さんは、自然と間違ったイメージを持っていることが多い。

●その間違いで損をするのは誰よりお客さん自身。

●イメージだけで、選択肢を狭めるのは勿体無い。

●私は、大工さん/ハウスメーカー/建築家/その他色々
 なところの情報を集めて、自分自身と話合いをしています。

コメントを残す

*