■「自分はお客様」の意識では、良い家はできない

家は買うものではありません!

「えっ!?」
と思う方もいるかと思います。
確かにお金は払います。

【注文住宅】に関しては
お客さんと建てる側は
同じ目線・同じ立場の関係で

≪一緒につくっていくものです≫

住宅展示場などで
「お客様~!さすがっ!お目が高いですね!!」

営業マンにそんな風に言われて喜んでいても
良い家はできません。

【あなたが気持ち良く家づくりに参加すること】

【良い家はできること】
は別!ということです。

良い家は
建主と建てる側・設計士・大工さんが同じ立場に立って
みんなが同じ気持ちになることが必要です。

『良い家を建てたい』
と思えるような関係をつくることが一番大切です。

もしあなたが大工さんで、お客さんから

「●●●●万も出すんだから、ちゃんと良い家建ててよ!
失敗なんかしたら責任とってもらうから!!」

なんて言われたらどうですか?

お金を出す人がいるから、大工さんは仕事があります。

でも、大工さんがいるから、あなた家を建てることができるのです。

だれが偉いとかではありません!

感謝の気持ちを忘れないでください。

みんなに感謝の気持ちがあれば
きっと素敵な家ができる。

※参考になりましたら、ポチッと応援。
にほんブログ村 住まいブログ

■まとめ■

●良い家をつくるのと、あなたの気持ちが良いのは違う話

●家づくりに参加するみんなが
 『良い家を建てたい』と思ったら必ず良い家ができる

●お客さんが一番偉いわけではない。感謝の気持ちを忘れないこと

コメントを残す

*