■カタログで比べない

■カタログで比べない

色んな業者が自社カタログを持っています。

しかし、カタログを見比べても
あまり参考にはならないのではないでしょうか?

すべてのカタログに
『安い』『快適』
と書いてあるからです。

快適かどうかは住む人が決めることです。

どんな家を建てるかも決まってないのに
安いかなんてわかるはずもありません。

「とりあえず~全部のカタログを一括請求してみよう!」

のようなことでは絶対に決まりません。
逆に情報が溢れてしまい
何が正しいのかわからなくなってしまいます。

そんな時に
『今なら200万円割引ですよ!3日以内に決めてください!』
などという営業マンの言葉に惑わされて
慌てて決めた結果…「こんなはずじゃなかった」

ということがありがちです。

資料請求するなら
多くのハウスメーカー、建築家、工務店を
訪れてみるほうが絶対にためになります。

建主が自分自身の身体で体験すること
それでわかることの方が大切だと思いませんか?

勿論、カタログで比べることすべてを
否定するわけではありません。

カタログには良い事しか書いてありません。
実際に見て、初めてわかることは多いということです。

このことを忘れないで下さい。

一番良いのは直接もカタログでも見ることです。

カタログだけで良い印象をもつことには
注意が必要ですね。

■まとめ■

●カタログには良いことしか書いていない

●カタログと現実は違うことがある

●それをわかってカタログをみるようにしよう

●カタログだけで良い印象をもつと…
 正しい判断ができなくなる恐れがありますよ?

コメントを残す

*