■注文住宅【ちゅうもんじゅうたく】

■注文住宅【ちゅうもんじゅうたく】

注文住宅とは、注文者の希望通りに建てる住宅のこと。
自分の敷地に、自分で選んだメーカーや建築家と家づくりをする。

建築家と建てる家などは
まさに『注文住宅』そのものである。

一般的な住宅よりも高いと思われがちだが
実際はそんなことはない。
頼む相手次第である。

ハウスメーカーでも注文住宅を展開しているが
ハウスメーカーの注文住宅の大半は
セミオーダータイプであるということ。

規格化を薦めている大手ハウスメーカーには
注文住宅に対応するには様々な面で限界があります。

ハウスメーカーで建てる場合と大きく違うのは
予算、間取り、デザイン、仕様、工法などを
先に決めて、契約をする点である。

よって予算オーバーになる心配などはあまりない。
※契約内容によるので、建てる側と契約をよく確認しておくこと!

悪い点を挙げれば
特に、注文住宅での家づくりに想いのない方は
それなりの住宅しか出来ない。

また、『注文』住宅のため
施主が決断するべきことが多く、それが苦にならない人が望ましい。

面倒に感じて、建てる側任せにして
結果として
「こんなはずじゃなかった」
「建築家が無理やりにこうした」
などという方もいる。

良い点では
自分のライフスタイルや好みを優先することができる。
自分の思い描く住宅を建てることができる。

注文住宅を建ようと思う方の多くは
住宅や生活スタイルなどに
自分らしい想いや理想があり
そういった方は、できあがった注文住宅に
本当に心から満足されることが多い。

「こんなに安く建てられるとは思ってなかった。」と思う方も非常に多い。

「安さも大切だけど
何よりもやっぱり≪良い家≫が欲しい!」

そう思うような方はとりあえず一度
注文住宅を家族で検討してみることを勧めます。

後悔はさせません。

わからないことがあったら何でも聞いてくださいね!

コメントを残す

*