■イニシャルコスト

■イニシャルコスト

建物を建てるときにかかる初期費用のことをイニシャルコストという。
家づくりの始めから完成までにかかる費用のこと。

注文住宅でいうなら
総工事費や設備、外構、設計料、諸経費などの費用こと。
頭金ではない。

建物完成後の維持、管理にかかる費用をランニングコストという。
解体処理するまでのトータルの費用をライフサイクルコストという。

ライフサイクルコストの割合は
イニシャルコストが全体の1/4
ランニングコストが全体の3/4
だといわれている。

この割合がしっかりしたものかは別として
ランニングコストにかかる割合が
高くなるのは事実である。

よって、家づくりを考える時
イニシャルコストだけを気にするのではなく
ランニングコストもしっかり考慮するべきである。

それが長い目で見ると
コストが少なくて済むということは間違いない。

注文住宅を建てる際は
環境にも自分の財布にも優しい
家になって欲しいものである。

コメントを残す

*