■建築家とは(=設計事務所)

■建築家=設計事務所

一般的に、建築家とは設計を仕事とする方のことを言います。
「建築家」という特別な資格などはありません。

資格としては、1級建築士か2級建築士を持っている方で
主に自分の設計事務所をしている方
このような方を『建築家』といいます。

だから自分を建築家だと思っている(呼ばれている)方も
中には、建築家ではなく
建築デザイナー、設計士と呼ばれる方もいます。

注文住宅を薦めるこのサイトでは
そういった方たちを「建築家」として呼んでいます。

注意してほしいのは
中には、自称建築家も多いということです。

大切なのは、あなたにとって良い注文住宅を
設計し、建てるだけの経験と実力があるかということです。

本物の建築家が設計した注文住宅というのは
一般の方が見てもはっきりとわかる違いがあります。

内部空間も外観も全てにおいて違いを感じるはずです。
驚き、感動するはずです。

『今まで自分が思ってきた「家」という枠がはずれます』
そのくらいの衝撃を受けると思います。

建築家が設計した注文住宅とは
そのくらいレベルが高いものです。

■まとめ■

●建築家といっても実力差がある

●あなたにとって良い注文住宅を建ててくれる相手を選ぼう

●このページでも建築家と建てた注文住宅を紹介していきます。
(まだ少ないですがページの左、目次の下にあります)

※参考になりましたら、応援の一票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ

コメントを残す

*