注文住宅を満足いくように建てるには―5―本当の満足

注文住宅を満足いくように建てるには―5

――『安心』と『満足』が
良い家づくりの2大要素――

安心も満足も『建ててもらうお客さんの気持ちの中にある』
だから、お客さん次第。

そして、ここで大事なポイントがあります。

「本当の満足を知る」
ということです。

満足の本質とは難しいものです。
誰しも、家が完成すると
嬉しく、達成感でいっぱいになり、満足し(た気持ちになり)ます。

でも数ヶ月経つと、満足も薄れ
「ここはこうしてればよかった」
などと思うようになります。

それが小さいことなら良いのですが
間取りや部屋の広さだったりしたら大変です。
この先、何十年も住み心地もいまひとつで後悔するのです。

満足とは、
【自分たちの求めるものが、予算内にどれだけ満たされるか】
だと思います。

注文住宅における、満足の本質はココだと思います。
本質はとてもシンプルです。

どんなに良い家ができても
予算がオーバーしたのでは満足できません。

かといって、予算を押さえて
12畳のリビングが9畳になるのも満足できません。

お金と理想のバランスが
本当の意味での【満足】に一番近いのではないでしょうか?

コメントを残す

*