■適当はすて、気持を持つ。

■適当はすて、気持を持つ。

注文住宅づくりで【適当】という言葉。
これはいけません。

ここでいう適当は
「やり方などがいいかげん」という意味です。

いいかげんにも色々あります。

※ある部屋の広さについての話を例にしてみましょう…

「この部屋はどのくらいの広さが必要ですか?」

お客さん『えーっと…一般的にはどのくらいですか?』

「まあ8畳もあれば十分でしょうね」

お客さん『ならそのくらいで』

もしかしたらお客さんにとって
広さが気にならない程度の部屋なのかもしれません。

でも、完成して後悔することが多いことのひとつに
【部屋の広さ】が挙げられます。

冷蔵庫や洗濯機などは置く場所を前々から考えておきます。
意外と忘れがちな掃除機などはどこに置くつもりですか?
また、本棚は?季節物のあれは?
そういったものが収納に入らず、部屋を狭くしてしまうことがあります。

私なら…

「この部屋はどのくらいの広さが必要ですか?」

私『この部屋は狭くていいです。でもその分、隣のこの部屋を広くできないですか?』

「なんで広くしたいのですか?」

私『ちょっと荷物が多くてですね(笑)』

「そしたら、少し広めのウォークインクローゼットを一部屋つくりましょうか?そのほうが、各部屋の収納も少なくなって、家全体が広くなることもありますよ」

私『是非それに!』

このようなこともよくあります。
私が本当に言いたいのは
適当や一般論がだめということではありません。

【大事なのは、伝えることです】
伝えるには、注文住宅づくりを受身でしてはいけません。

私もお客さんの立場になったら
一般的なことと比べることがあるはずです。
でも、絶対にごくわずかです!

『今の部屋を基準で考えたら…』
『将来的なことを考えて…』

色々考えることはあるはずです。

そして、伝える中で注文住宅のプロが
もっと良いアイデアや提案をしてくれることもよくあるのです。

その始まりは伝えることです。

●まとめ●

注文住宅は、住む家族が≪注文できる住宅≫です。

「いいかげん」ではなく

自分たちにとって『好い加減』をつけること目指してみては?

そのためにはプロに伝えることから始めよう。

コメントを残す

*