■本心で予算を心配してくれる相手か

■本心で予算を心配してくれる相手か

ハウスメーカーで建てる場合
総建築費用は「オプション次第」と言っても過言ではありません。

費用の上下する額は
ようは、オプション次第です。

あれもこれも…となると
当初より、大幅な予算オーバーになりかねません。

ここで大切なことは

【予算を超えることになりますが大丈夫ですか?】
と本心で言ってくれる相手であるか。

売り上げごとに、ボーナスがあるような会社の営業マンは
少しでも高くなるようにうまくうまく営業してきます。
本来なら、いらないようなオプションも
お客さんを「どうせならそれも…」
と思わせるような気分にしていくのだそうです。

※会社によって営業成績を「戸数」だけでみるところ
それに「売り上げ」も考慮するところがあるようです。

私は、少しでも高く売ることが自身のボーナスにつながるということは
本心で予算の心配をしてくれないような気がします。

ましてや、予算があるとわかったお客さんなど対しては
どんどん買わせようとしてくるのではないでしょうか?

夫婦そろって学校の先生、公務員だったりすると
とにかく色んなオプションをつけようとする。
こんな話を聞いたことがあります。

予算があるとわかっている相手に対しては
少しでも高く売ろうとするわけですね。
これも、商売からいうと当たり前のことです。

でも、私たち、お客さん側から考えるとつらいですよね。
少しでも安くしたいと考えてるのに
相手は少しでも高く売ろうとする。
そして、
「ここだけの話、●●さんは特別に値引きしておきましたよ」
こんなことを言われて、安くなったと思わせられる。

実際に安くなったのかもしれませんが
予算のわからない一般の方にそれが真実かはわかりません。
その前に、値引きできるだけ余計に請求されているんですけどね。

私は、夢の注文住宅づくりをしたい。
夢をつくりたい、といった感じでしょうか。
でも、相手がそれを商売にしてしまうと
夢づくりではなく、買い物になってしまいますよね。

こういうことを考えると
私はやはり「建築家」に頼むのが合っているのかもしれません。
まだ、決定はしていませんが。
まだ決めきれません。

でも、一般的にいう安心を買うという意味では
大手メーカーがいいのかもしれません。

人それぞれ合うものも求めるものも違う、
だからなんとも言えないですね。

■まとめ■

●こちらが安くしたくても、相手がどう思うかは相手次第。

●本心で言ってくれる相手を選びたい

●私は、注文住宅を買いものとしてしたくない。
 でも「安心できる買い物」として「安心料」として払うという考えもあるのかもしれませんね。人それぞれ本質的に大切なものは何か、自分を知る。

※参考になりましたら、ポチッと一票。
にほんブログ村 住まいブログ

コメントを残す

*