■多くの人がハウスメーカーで建てる理由

■多くの人がハウスメーカーで建てる理由

「なぜこんなにも多くの人がハウスメーカーを選ぶのか」
私なりに考察してみました。

どんなことでも、選ぶのには必ず理由があります。

①本当に良いものだから

②本当に必要なものだから

③選ぶことで、自分にメリットがあるから

「人間は本能的にこういったことを頭で考えている」
と本で読んだことがあります。

これらが満たされているものなら
選んで手に入れることは
本当の意味で正解だと思います。

しかし、ハウスメーカーがこれに当てはまるかというと
そうとは言えないのではないでしょうか?

■多くの人がハウスメーカーを選ぶ理由の考察

●テレビCMで
 知らず知らずの内に頭にメーカー名が入っている

●チラシをみることで
 展示場に行きたくなるきっかけができる

●モデルハウス(展示場)により、接点を持ちやすい

●電話一本で簡単に資料請求ができる

●自分から積極的に行動しなくても
 営業マンが話を進めてくれる

●営業マンの巧みな話術で
 建てるつもりのなかった人が建てることになる

などが挙げられます。

私見ですが、納得のいく人も多いのではないでしょうか?

そこで、さらに考察をします。

気づいた方もいるかもしれませんが
上記のことには、すべてお金が掛かります。

私は、ごはん時にしかテレビを見ないのですが
それでも、ハウスメーカーのCMはほぼ毎日目にしています。

チラシ、モデルハウス、資料は
作るのにも維持するのにもお金が掛かります。

営業マンの給料ももちろん
営業以外の会社勤めの人の給料もお金です。

ようするに

■選ぶ理由のことを行うには、お金が掛かります。

【そのお金はお客さんの建築費から使われています】

ハウスメーカー側の視点で考えてみると
お金を掛けてでも
それ以上のリターンがあるから行っているのです。

知名度と接点をお金で作って
そこからは人件費で契約まで持っていく。

言い方は悪いですが
私の考察した結果はこうなりました。

【商売】のお手本のようなやり方なので
決して否定はしません。

でも、この【商売】のやり方でやってもいいのは
額の小さい商品などの消費物だけではないでしょうか?

住宅のような、一生で一番の額の大きいもの
生涯にわたって関係するものは
こんな売り方でいいのでしょうか?

そもそも住宅は「売り物」ではないと思います。

安心と一緒につくっていくものだと思いませんか?

①本当に良いものだから

②本当に必要なものだから

③選ぶことで、自分にメリットがあるから

こう思ってハウスメーカーを選んだ人も
たくさんいると思います。

ですが、そうじゃない人も決して少なくないはずです。

それは
お客さんの立場で住宅づくりがされていないからです。

お客さんの立場にできるだけ近づいてくれる
住宅づくりの相手。

こんな相手が増えて欲しいと思います。

■まとめ■

嘆いても、社会は変わらないので

安心・満足できる住宅づくりをする方が

一家族でも増えることを心から願います。

※参考になりましたら、ポチッと一票。
にほんブログ村 住まいブログ

コメントを残す

*