■建築家とハウスメーカーの最大の違い

■建築家とハウスメーカーの最大の違い

最大の違い…それは何だと思いますか?

大手の安心?
オリジナルな住宅?

違うページでも書きましたが
ハウスメーカーでは、家を「商品」として考えており
「商品」ということは利益の追求が
最も大切なこととなります。

建築家では、家を「作品」として考え
お客さんと一緒に家という
世界に一つの作品をつくることを第一にしています。

はっきり言うと

■ハウスメーカーには

●コストコントロール(コストを抑える力)
●オリジナル
はないに等しいです。

ですが、
●手軽な家づくり
●標準的な住宅
はすることができます。

■建築家には

●コストコントロール
●オリジナル
はありますが

●お客さんにとっても、作品づくりに参加する大変さ
●標準的な住宅ではない
●完成する住宅を想像しずらい
といった反面もあります。

ハウスメーカーと建築家
どちらが良い、ということではありません。

何を求めるのか、人それぞれ違うのです。
ですが
『何も知らずにハウスメーカーと建てる』
ということはしてほしくありません。

ですが現実として
注文住宅を建てたいと思っても
「誰に頼んで良いのかわからない」

その結果
テレビのCMで身近に感じているハウスメーカーや
近所の工務店を訪れ、頼むことになる
という方が多いようです。

ハウスメーカーと建てる家は
お客さんにとっては「お客様」として営業マンが接してくれ
手軽な家づくりとなります。

また、一般的に標準的な住宅が
高い確立で安心に手に入ります。

しかし、本来ならもっと安い値段の住宅を
何割も増してお金を払うことになります。

建築家と建てる家は
様々な不安がありますが
お客さんは積極的に家づくりに参加して
想いを伝えていけば
オリジナルの世界に一つの注文住宅が
思っているよりもずっと安く手に入ります。

このような現実を知ると
私はやはり建築家に頼むほうが
豊かで幸せな生活を送れる注文住宅が手に入る気がしています。

建築家とハウスメーカーは
同じ「住宅」に関わる仕事ですが
お客さんからしてみるとまったく別の職業だと、私は思います。

多くの方にこのことを知って欲しいと思っています。

知らずに建てることが一番の失敗ではないでしょうか?

■まとめ■

●建築家とハウスメーカーはまったく違う

●その両方をわかった上で、どちらかを選んで欲しい

●どちらかしか知らずに建てることは、勿体無い決断です

※参考になりましたら、ポチッと応援。
にほんブログ村 住まいブログ

コメントを残す

*