住宅営業マン 良い営業マンor悪い営業マン

良い営業マンと悪い営業マンの違いは・・・

一概に良い悪いは言えないと、私は思います。
営業マンがとても「良い人」でも「良い家ができる」というわけではありません。

長い付き合いになる家づくりでは、人間性もとても大切です。
ですが、人間性によって「営業マンの良い悪いは決まらない」と私は思います。

良い悪いは、家づくりをして完成してわかることです。

あなたが満足できる家ができたのなら
良い営業マンだったのでしょう。

もし家づくりに後悔が残るようなら
悪い営業マンだったのでしょう。

でも、自分から悪くしようという営業マンはいません。
営業マンは会社全体の信頼・信用を背負っています。
そして、自身の生活もかかっています。
お客さんに嫌な想いをさせたくないのです。

ですので、良い悪いで考えることは違う思います。

【経験、実績があるかどうか】

これが重要になってくるのではないでしょうか?
過去にどれだけの家づくりを担当したのか、という確認は必須ですね。

選ぶポイントの基本は

≪信頼できる相手を選ぶ!≫

≪相性が合う相手を選ぶ!≫

≪経験、実績がある相手!≫

これが大切です。
でもこれが難しいんですよね・・・

他にも細かいポイントがあるので、違うページでたくさん書いていきますね。
※またお薦めの無料レポートも紹介しますね!

絶対に押さえておくべきことは
あなた自身が
「この人なら信頼できる!」と思う相手で
さらに、あなたが言いづらいような事も
何でも聞ける相手であること。

わからないことや知りたいことは何でも聞いてみてください!
そのことに的確な返事、素早い行動ができる営業マンは自然と信頼できるものです。

そして、色んなことを話して親身になってくれるような人なら
あなたの家づくりにきっと親身になって協力してくれるでしょう。

営業マンも人です。
人として信頼関係をつくれる相手ではないと安心できる家づくりはできませんよね。

■まとめ■

●信頼が大切

●相性が大切

●経験が大切

●最終的には営業マンとしてではなく
【人として信頼関係をつくれる相手か】で決める。

コメントを残す

*